これだけは知っておきたい!妊娠中に葉酸を摂取する効果とは?

これだけは知っておきたい!妊娠中に葉酸を摂取する効果とは?

 

 

妊婦 葉酸 サプリメント 効能

 

 

サプリメントなどの口コミで評判の良い葉酸と呼ばれる成分。

 

実際に妊婦さんで葉酸を摂取すると
どういった効果・効能があるのか気になりますよね。

 

ただ、ネットの情報はイマイチわかりにくいですよね。

 

そんな方に向けて、葉酸はどうして妊娠中や妊婦に良いのか詳しく解説していきます。

 

葉酸に含まれる主な栄養分

 

妊婦 葉酸 多い 食べ物

 

 

葉酸は主に身体の健康に良く、
比較的好き嫌いのすくない食べのもに含まれています。

 

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • レタス
  • キャベツ
  • 枝豆

 

などの豆類などの食品に含まれている
水溶性のビタミンB群のことをさしています。

 

この水溶性ビタミングB群、
葉酸には優れた栄養素が含まれています。

 

その代表的な成分には、
新陳代謝や細胞分裂の促進を助ける力が備わっているのです。

 

 

妊娠中に葉酸を摂ることが良い理由

 

妊婦 葉酸 赤ちゃん 効果

 

 

なぜこの新陳代謝、細胞分裂を促進する
栄養素が妊娠中の人にいいのかというと、
まず一つは、神経管閉鎖障害の予防があげられます。

 

主に細胞分裂を促進する力は、
赤ちゃんの発育に強く影響しています。

 

主にDNAが正しく形成される際に、
必要なたんぱく質の生成、核酸を作る働きがあります。

 

この成分が不足することにより生じる先天異常の
神経管閉鎖障害が発症するリスクを軽減してくれるんですね。

 

そしてもう一つは、二分脊椎(にぶんせきつい)と呼ばれる
流産・死産のリスクが高い病気

 

胎児が脊髄が飛び出る病気ですね。

 

きちんと胎内で細胞分裂やその遺伝子の形成による
正常な形成がなされない場合、
無脳症、ダウン症になるリスクもあります。

 

葉酸に含まれている成分は、
新陳代謝と細胞分裂を促進する力があります。

 

胎児の発育に関しても強く影響力があり、
これらの二つの病気を抑制する働きかけをしてくれるんですね。

 

 

妊娠中に葉酸を摂ることの重要性

 

妊婦 葉酸 厚生労働省

 

 

葉酸の摂取は
厚生労働省も呼びかけているほどの重要な成分です。

 

臨床実験において、葉酸についての正式なデータがあります。

 

妊娠前後に葉酸を摂取することで
胎児の二分脊椎の発症リスクが72%低くなる

 

と正式に報告されています。

 

これをきっかけに日本の厚生労働省も
妊婦さんは葉酸を積極的に摂取するようにと、
呼びかけをしています。

 

 

妊婦さんと葉酸の効果まとめ

 

妊婦 葉酸 うつ 効果

 

 

胎児にも、もちろん効果的ではあるのですが、
母体への健康に関する効果も合わせて広く知られていますよね。

 

貧血、免疫力を高め、新陳代謝が活発化することで
消化器官機能も正常に保ってくれる働きなどなど。

 

口内炎、胃や腸などが起こす病気を抑制してくれるため、
赤ちゃんだけではなくママにも良い成分といえますよ。

 

最終的には着床しやすい身体の環境にも役立つので
妊活にも活用でき、葉酸とは女性に優しい成分と言えますね。

 

健康にも影響があるため、男性にもおすすめで、
夫婦で仲良くサプリメントを活用する方も多いようですね。